ラーメン屋のフランチャイズ募集を比較|ロコミからの成功例と失敗例

更新日:

ラーメン屋フランチャイズ
少し前まで、世の中はラーメンブームだった。数ある独立開業の職種の中でもラーメン屋ほど当たれば大きかった職もそう多くないのではないだろうか。

今でもラーメン屋は独立開業したい職種として人気だ。国民食といわれるほど食としての人気が高いし、開業するのに特別な資格や能力もいらないからという理由もあるだろう。

ただ、当然ながらデメリットもある。一番大きいのはライバルが多いことだ。現在日本全国にラーメン屋は5万店以上ある。これはコンビニと同じくらいの数らしい。毎年4千店が廃業し4千店が新たにオープンしているとこのと。

そんな中でどう上手く生き残っていくかを考えなければならないだろう。単純に味だけではなく、味、立地、仕組みを総合的に組み合わせて利益を確保していく工夫が必要になる。

ここではラーメン屋の経営を、フランチャイズの視点も踏まえて見ていこうと思う。

ラーメン屋のメリット・デメリット

ラーメン屋のメリット

・食として人気が高い(見込み客が多い)
・粗利がわりと大きい(原価や経費を抑えられれば)
・低資本で始められる(居抜き物件なども多いため)
・参入障壁が低い(食品衛生管理者さえいればいい)

ラーメン屋のデメリット

・ライバルが多すぎる
・客が味にうるさいジャンル
・凝ると原価率が高くなる
・かなり体力が必要な仕事

儲かるラーメン屋を作るには

コストを計算しておく

いかに美味しいラーメンを作ったところで、コストが高すぎては成り立たない。コストを抑えつつ運営していける仕組みをあらかじめ計算しておこう。大きなコストといえば、開業資金、ランニングコスト、ラーメン原価等だ。特に開業資金は大きなお金がかかる部分であり、かけすぎると後々まで大きく影響する。立地にもよるが、居抜きや小規模物件を使い可能な限り低コストにとどめておきたい。ラーメン原価はなくべく抑えておきたいのは勿論だが、人件費などのランニングコストを工夫したほうが効果が大きい場合もある。

穴場の立地を確保する

飲食店にとっていい立地は集客性の強みが複合している場所だ。例えばある繁盛店は、小さいながらも利用者の多い駅の近く+大学の通学路+小さな商店街の入り口という立地で成功している。また、田舎のロードサイド+県道の交差する十字路+有料道路の入り口の近くという立地で、ドライバーや長距離運転手がバンバン入る店となって成功している所もある。賃料はそれほど高くなくても集客性に優れた立地はけっこう眠っているものだ。そういった穴場の立地を確保できれば費用対効果を高く発揮できる。

ニーズに合った味を提供する

誰もが納得する美味いラーメンを作れるのなら一番なのかもしれないが、なにもそれだけがラーメン屋で儲ける方法というわけではない。例えば、飲み屋街の近くで飲みのシメに合うようなジャンクな味を提供して成功している店がある。この店は食べログの評価は決して高くないが、下手に凝った店よりも儲かっている。その他、濃いラーメンや辛いラーメンに特化して成功している店もある。要は、場所なども含めたお客さんのニーズに合ったものを提供できれば、万人にウケなくとも必ず客は入るのだ。

ラーメン屋の成功例

ロードサイドで家族連れの人気店に

郊外のロードサイドに店を構えるあるチェーン店は、休日になると家族連れでごった返す。ラーメンは比較的安いし、喉に詰まりにくいので老若男女食べやすく、ファミリーからの需要が高い。しかし街のラーメン屋ではなかなか家族連れでは食事しにくい。そのため郊外の広い席があって車で行けるラーメン屋は結構需要があるのだ。郊外なので地価が安いが、そのわりに複数の団地やマンションを商圏に含められるため、当たるとでかい。ファミリー層には濃さや辛さのイメージがないスタンダードなラーメン屋がウケているようだ。

繁盛店の近くでおこぼれをゲット

あるラーメン屋は、繁盛店である寿司屋の近くに店を構えている。その寿司屋は安くて美味いため定期的に行列ができるのだが、休日などは待ち時間が長くなりすぎるため、行列をみて並ぶのを諦める人もいる。そういった人がラーメン屋に流れてくる事が多く、いわばおこぼれ分での売り上げがバカにできないほど上がっているそうだ。飲食店が集中しているエリアでは食事そのものが目的の客が流れてくる事が多い。同じラーメン屋であればライバルとなるが、他ジャンルの店が多いのであれば検討に値する立地だろう。

既製品に手を加えただけで繁盛店に

以前2ちゃんねるに現れたラーメン屋に驚きの方法で成功している人がいた。なんと、市販の粉末スープに少し手を加えただけのラーメンで月収(純利益で)100万出しているというのだ。またその人とは別に、セブンイレブンの冷凍つけ麺に手を加えただけのつけ麺で日商8~15万を出しているという人もいた。もちろん既製品を使っているのは内緒だが、バレないどころか評判も悪くないという。これらは原価率も低く、一般的なラーメン屋よりも遥かに成功している売上高だろう。ちゃんと作り込んでも客入りの少ないラーメン屋が多い中、こうしたやり方でも客が入るというのは皮肉だが興味深い。

ラーメン屋の失敗例

単純にお客が来ない

一番ありきたりなラーメン屋の失敗原因はお客が来ないことだ。そしてその原因となる要素はそう多くなく、大体次の4つの中にある。味が悪いか、接客が悪いか、場所が悪いか、ライバルに客をとられているかがほとんどだ。ラーメン屋の場合は他の要素がよっぽど悪くない限り味が良ければある程度客は来るので恵まれていると言える。ただ味の部分は店側のエゴで勘違いしやすい点でもある。店側が「いける」と思っているラーメンでも、客からしたらそうでもない場合が多い。

人員不足で失敗

ラーメン屋が潰れる理由でとても多いのが人員不足だ。普通ラーメン屋は店員がそこまで多くないので、人員が欠けるとたちまち回らなくなる。例えば、メインでラーメンを作っていた人が事故や体調不良で突然店に出れなくなったらどうだろうか。メインが一人だった場合、他の従業員ではラーメンが作れないという事態におちいることがザラにある。ラーメン作りの行程を全てできて、尚且つ店に責任を持てる人員が2人(できればそれ以上)いないと店を維持するのは難しい。2店目を出店したタイミングで失敗する店が多いのも頷ける。

クレームをつけられて閉店

ラーメン屋は近隣からクレームが来やすい商売だ。匂いや脂、行列や駐車マナーなどは店舗の運営に関わるレベルの問題になりかねない。これらは後から対応しにくいため、物件を決める際にあらかじめ考えておかなければならないポイントでもある。周辺の住居チェック、換気の位置、行列ができた場合の動線、駐車場の広さや溢れた時に置ける場所など。特に注意なのが臭気。豚骨などを扱うのであればまず住宅街ではクレームが来ると思っていい。既存のラーメン屋の立地を注意深く観察し、傾向を掴んでおいたほうがいいだろう。

-最も人気のフランチャイズ選抜

Copyright© フランチャイズ募集の独立起業~成功例と失敗例|厳選¥儲かるFC , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.